浴衣に関する情報が満載のサイトです。

浴衣の装い。上着を会わせる。

浴衣というと、夏祭りや花火大会などで着るイメージが多いでしょう。
もともとは風呂上がりに汗をとるために着られていた湯帷子(ゆかたびら)というものが、夏の暑いときに着る着物として一般的に着られるようになったもので、今でいうとTシャツのような感覚で着られていたようです。
洋服がポピュラーになった現代では、浴衣も夏を感じさせてくれるちょっと特別な装いなのかもしれません。
着物よりも気軽に着られますし、最近ではいろいろなデザインのものもでています。
また、着付け初心者の方でも気軽に着ることができるセットも販売されているので、着付けに自信のない方はこのような簡単なセットを利用するのもいいかもしれません。
夏の装いと言っても、屋内や電車の中など冷房のきいている場所では肌寒く感じることもあります。
そんな時は羽織やショールなどの上着を羽織ることで温度の調節をするといいでしょう。
せっかくですから、浴衣に合わせて、いろいろなコーディネートを工夫するのも楽しいものです。
羽織やショール、スカーフなどで、素敵な着こなしを楽しみましょう。

浴衣を着たいけれど肌寒い!そんな時の上着は?

浴衣は、夏祭りに行くときにぜひ着たいものです。
しかし、少し肌寒いとき、上に何を着ればいいか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
上着というと、羽織を思い浮かべるかもしれません。
旅館などに浴衣とセットで置いてある羽織を自宅に持っている人は余りいませんし、思ったより厚手に作られていることもあり、暑くなり脱ぐと荷物になってしまいます。
また、長さによってはせっかく素敵に結んだ帯が隠れてしまいます。
家にあるもので何とかしたいとき、ストールを使ってはどうでしょう。
普段の洋服の時も使うストールを首に巻いてもいいですし、肩に羽織るのもおしゃれです。
浴衣の色と合わせて考えると、上品にコーディネートできます。
花火を見るため長時間座っていると地面の冷えが伝わってくることもあり、その場合はひざにかけておくと着くずれも防げ、邪魔になりません。
普段使うストールを使っておしゃれに楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。

2017/1/19 更新

CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)